たしかな根管治療で、積極的に歯を残します

自分の歯を残すための「根管治療」とは?

重度のむし歯になると、歯の根の中にある神経や血管の入った管「根管」までもがむし歯菌に冒されてしまいます。そうなると抜歯を選択することが多く、入れ歯やインプラントにすることになります。しかし、いちばんいいのは、自分の歯を残すことです。

「根管治療(こんかんちりょう)」とは、歯の神経までむし歯菌に冒されてしまった場合に行う処置で、根管内から神経を除去します。しかし、根管内は肉眼では確認できないほど細く複雑に入り組んでいるため、治療は困難を極めます。さらに症状が悪化して、むし歯菌が歯の周囲の骨にまで感染して炎症を起こしている場合は、歯ぐきを切開して根の先の感染した部分を除去する必要もあるのです。

こうした治療を安全かつ確実に行うために、当院では以下のような特殊な器具を使用しています。

ラバーダム

治療中に患部が細菌感染するのを防ぐために、治療対象の歯だけを残して口を覆うゴムのシートです。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することで治療箇所を拡大でき、肉眼では見えない部分まで確認しながら治療できます。当院の根管治療では、必ずマイクロスコープを使用しています。

  • ページの先頭へ戻る

根管治療の流れ

1.むし歯菌に冒された歯の神経や血管を取り除きます

2.根管内を丁寧に洗浄します

1.むし歯菌に冒された歯の神経や血管を取り除きます

2.根管内を丁寧に洗浄します

4.歯の型を採取し、被せ物を装着します

3.根管内に、隙間をつくらないように緊密に薬剤を充填します

4.歯の型を採取し、被せ物を装着します

3.根管内に、隙間をつくらないように緊密に薬剤を充填します

根管治療は、自分の歯を残すための最後の手段になります。ただし神経を除去するため、この治療を行うとどうしても歯はもろくなってしまいます。そのため、むし歯はできるだけ根管治療が必要になる前に治療することが大切です。

また、根管治療を行っても、その後のメインテナンスをきちんと行わないと、そこから炎症が起き、結局は抜歯をすることになってしまいます。「歯医者に行くのは痛みがひどくなったときだけ」ではなく、定期的に検診を受け、健康な歯は健康なまま、治療済みの歯は悪化しないようにしっかりとメインテナンスするようにしましょう。

虫歯になる前に 予防歯科はこちら

  • ページの先頭へ戻る