むし歯や歯周病になる前にできること

自分の歯をなるべく長く健康に保つことは、人生における大きな課題と言えます。痛くなってからあわてるのではなく、歯の健康のために日頃からできることを考えるとともに、予防を目的に定期的に歯科医院を受診するようにしましょう。

予防歯科のメリット

早期発見で治療の負担を軽くできる

早期発見で治療の負担を軽くできる

身体の病気と同じでむし歯や歯周病も、早期発見が大切です。早くに発見できれば、治療も軽く、短期間で済みます。早期発見するために必要となってくるのが、歯の定期的なチェック。まめにチェックしていれば、大切な歯をいつまでも健康的な状態に保つことにつながります。

口の中を清潔な状態にできる

口の中を清潔な状態にできる

予防歯科では、クリーニングで歯についた汚れをしっかり落とし、きれいで清潔な状態にできます。このクリーニングは、痛みもなく、慣れればすすんで通いたくなるくらい気持ちのいいものです。美容院やマッサージに通うのと同じような感覚で通う方も増えています。

  • ページの先頭へ戻る

予防歯科で行う主な予防メニュー

マーレ歯科クリニックでは、歯の定期検診を行っており、以下のような処置をしています。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

ブラッシングをした後、染め出し液を使って歯に付着したプラークを染め出し、どこが磨けていないのかを確認します。自分のブラッシングのくせもわかり、正しいブラッシング指導に役立ちます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

担当衛生士がブラッシングのアドバイスを行います。プラークの染め出しで磨き残しができやすい部分を調べたうえで、どんなブラッシングをすればプラークがたまらないのかを指導いたします。

フッ素塗布

フッ素塗布

むし歯予防のために、歯にフッ素を塗ります。フッ素には細菌の繁殖を抑制する働きと、歯の「再石灰化」を促す働きがあり、フッ素を塗布することで、歯質が強化されむし歯になりにくくなります。

PMTC

PMTC

専門の器具を使って歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。磨き残しができやすい歯と歯の間や歯と歯ぐきの間、歯の裏側などのプラークを徹底的に除去するので、むし歯・歯周病予防や歯周病の改善にも役立ちます。

咬み合わせのチェック

咬み合わせのチェック

当院では定期検診時に咬み合わせのチェックも行っています。必要に応じて咬み合わせを改善し、ブラッシングがしやすいお口の環境を整えます。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

日々の生活習慣に問題があり、むし歯や歯周病になっている方も多く見受けられます。食事や睡眠、嗜好品の摂取など、患者様の生活習慣をうかがい、いつまでも健康な歯を保つためのアドバイスをいたします。

定期検診で「健康な歯」をキープしましょう

歯の定期検診は、4ヶ月~半年に一度の間隔で受診することをおすすめします。定期検診では、むし歯や歯周病の有無の確認や予防、咬み合わせのチェックなどを行います。定期的に歯をチェックしておけば、むし歯や歯周病の発症や再発を防ぐことができます。もしも、検診で問題が発見されても、早期に発見できれば治療の負担もそれほど大きくありません。

スウェーデン、フィンランド、アメリカなどの歯科先進国では、歯の定期検診率が80~90%と言われています。ところが、日本はたったの2%です。高齢化が加速し、自分の歯を残すことの重要性が増している日本では、歯の定期検診は今後欠かせなくなってきます。痛みが出たときだけ歯科医院に行くのではなく、普段からむし歯予防のためのメインテナンスを欠かさないことが、いつまでも健康な歯を保つ秘訣です。

  • ページの先頭へ戻る