歯周病のことをよく知ろう

歯が痛いわけではないけれど、歯ぐきから血が出たり、歯ぐきに腫れを感じたりすることはありませんか? それは歯周病の始まりかもしれません。歯周病は歯を失う原因の第1位とも言われるこわい病気です。まずは、何が原因で歯周病になり、どう進行していくのかを知っておきましょう。

歯周病の原因

直接的な原因

直接的な原因

歯周病の直接的な原因になるのはプラークです。プラークには無数の歯周病菌が存在し、この歯周病菌の出す毒素が歯周病の発生の原因になります。プラークは、いずれ歯石になり、歯の表面に強固に付着し、その中や周りにはさらに細菌が入り込み、毒素を出し続け歯周病を進行させるのです。

間接的な原因

間接的な原因

歯科治療の際の不具合(適合の悪い詰め物やブリッジなど)や歯並びの乱れなどは、プラークがたまる原因になり、歯周病のリスクを高めます。また食生活や喫煙などの生活習慣、ストレス、糖尿病による免疫低下なども間接的な原因になると言われています。

歯周病によるリスク

歯は歯肉・歯槽骨・セメント質・そして歯根膜の4つで構成される歯周組織で支えられています。歯周病とは、この歯周組織に起こる炎症や病気の総称。歯肉の炎症を歯肉炎、そして炎症がさらに進んで歯肉より深い部分で起こるものを歯周炎と言います。そして、最終的に歯槽骨まで溶かされると、歯は抜け落ちてしまいます。

しかし、歯周病は歯周組織の病気にとどまりません。歯周病菌が血流に乗って身体をめぐることで、糖尿病や心臓血管病、肺の感染症などの原因となることがわかっています。ときには死に至ることもあるこれらの病気と、歯周病はとても深い関係にあるのです。歯を守るだけでなく、身体の健康を守るためにも、歯周病は早期にしっかりと治療することが大切なのです。

妊婦の歯周病のリスク

妊娠して「つわり」が始まると、口の奥までしっかりとブラッシングすることができにくくなります。そのため、奥歯にプラークが多く蓄積してしまうのです。おまけに、歯周病を起こす菌のなかには、妊娠中に多く分泌される女性ホルモンを栄養とする細菌がいて、活発に活動するようになり、歯ぐきに炎症を引き起こし、歯周病を発症・悪化させるのです。

妊娠中の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクになることも指摘されていますので、以下に挙げる方法でしっかりとケアを行い、少しでも異変を感じたら、すぐに歯科医院を受診するようにしましょう。

  • 香りの強い歯磨き剤を避ける
  • ヘッドの小さい歯ブラシを使用する
  • 間食を摂る際に、糖質を摂りすぎないように工夫する
  • つわりなどでブラッシングができない場合は、歯科医院でケアを受ける
  • 歯周病菌の除菌に効果のあるマウスウォッシュを、ブラッシングと併用する
  • ページの先頭へ戻る

歯周病の進行と症状

初期段階・・・歯肉炎

初期段階・・・歯肉炎

歯肉のみの炎症ですが、歯肉が腫れてきて、歯の周りに歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、プラークがたまりやすくなります。

中期段階・・・軽度歯周炎

中期段階・・・軽度歯周炎

炎症が内部に広がり、歯と歯肉の間に深さ3mmほどの深い歯周ポケットが現れます。そこにたまった細菌は毒素が強く、歯の周りの組織に炎症が進みます。進行していくと顎の骨(歯の付け根部分)まで破壊されていきます。

後期段階・・・中程度歯周炎

後期段階・・・中程度歯周炎

歯周ポケットがさらに深くなり、4~6mmになります。顎の骨も3分の1~2分の1ほど破壊され、歯がぐらぐらするようになります。

末期段階・・・重度歯周炎

末期段階・・・重度歯周炎

歯周ポケットの深さが7mm以上にもなり、顎の骨の付け根も2分の1以上破壊され、歯の付け根がむき出しになり、やがて歯が抜け落ちることになります。

  • ページの先頭へ戻る

当院の検査方法

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

当院の治療方法

スケーリング 比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬
(そうは)術
軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

レーザー治療

マーレ歯科クリニックでは、歯周病の治療にレーザー治療を導入しています。レーザー治療は、患者様にやさしい最新の治療方法(先進医療技術)です。従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、治癒が早いなど多くのメリットがあります。

定期検診の重要性

歯周病は、むし歯以上に深刻な病気で、痛みや違和感が出たときには、すでにかなり進行していることが多いもの。手遅れにならないように、日ごろから歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れがないかをチェックするとともに、定期的に歯科検診を受けるようにしましょう。

マーレ歯科クリニックでも、定期検診を行っています。むし歯・歯周病のどちらも見逃さず、早期発見・早期治療を心がけ、患者様の歯の健康を保つお手伝いをいたします。

  • ページの先頭へ戻る