入れ歯が合わない!という方へ

今お使いの入れ歯について、「すぐに外れてしまう」「いつまで経っても違和感がある」という方はいらっしゃいませんか? 入れ歯が壊れてしまった場合はもちろん、合わない入れ歯を我慢して装着しているのは、心身の健康にとってもよくありません。当院では、患者様一人ひとりの口腔内状況に最適な入れ歯をご提案しています。まずは一度ご相談ください。

料金表はこちら

入れ歯のメリット

入れ歯治療のメリットは、何と言ってもリーズナブルなこと。インプラントのような手術が不要なので、身体への負担が少ないことが挙げられます。また、治療期間が短く済み、通常のメインテナンスも非常に簡単なことも大きなメリットです。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用のものと、自費負担のものがあります。費用から考えると、保険適用のものが魅力的に感じますが、使える素材が限られるので、なかなか一人ひとりに合った入れ歯をつくりにくいというデメリットがあります。また、耐久性が低く、何度もつくり替えなくてはいけないケースもあり、保険適用だからといって一概に経済的とは言えない部分もあります。

それに対して自費負担の場合は、素材の選択肢が多く、製作精度も高いため、患者様に最適な入れ歯をつくれるのが魅力です。耐久性の面でも長期間使えるものがほとんどです。

取り扱い入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー自費
ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり咬めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。
シリコンデンチャー自費
シリコンデンチャー 床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯ぐきの間にものが挟まることによる痛みが軽減されており、硬いものもしっかり咬めます。
金属床義歯自費
金属床義歯 床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れがつきにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルト・チタンなどがあります。
BPSデンチャー自費

一人ひとりのお口に合わせてフルオーダーのシステムでつくる入れ歯で、浮いたり落ちたりという不安がなく、しっかりと咬みしめられます。製作過程は綿密にシステム化されており、従来の入れ歯と違い精密な入れ歯がつくられます。

入れ歯のお手入れ

入れ歯のお手入れについて常に心がけていただきたいのは「清潔を保つ」こと。正しいブラッシング法を身につけ、専用のブラシと洗浄剤で丁寧に磨いてください。就寝するときは外して(外さない場合もあります。歯科医師に確認してください)、乾燥させないよう洗浄剤につけておきましょう。

洗浄

洗浄

ブラッシング

ブラッシング

洗浄剤につける

洗浄剤につける

また、入れ歯は精巧なものですので、熱湯につけたり、強い衝撃を与えたりしないよう気をつける必要があります。

なお、お口の状態は常に変化しています。いつも入れ歯を気持ちよく使うためには、定期検診を受け、お口に合わせて入れ歯を調整していくことが大切です。「入れ歯が少し合わなくなったかな?」と感じたら、お気軽に当院までご相談ください。

料金表
入れ歯 350,000円
金属床義歯(チタン) 500,000円
ノンクラスプデンチャー
(針金がない入れ歯)
単純 70,000円
単純 120,000円

※全て税込です。

  • ページの先頭へ戻る